わたしのつれづれ日記

介護支援ツール

自分史作りができる元気いきいき脳トレです。

わたしのつれづれ日記とは

尊厳ある介護の実践を支援する脳のトレーニングのテキストです

私たちは尊厳ある介護を実現するために、まずはご利用者様を知ることが大切だと考えます。

わたしのつれづれ日記はシンプルなテキストですが、ご利用者様の日常会話では中々聞けないその方の思い、価値観、生活歴にさりげなく触れられるため、関わりをより深めることをご支援いたします。

自分らしく生きたいという気持ちを喚起します

私たちは、どんなに歳を取ってもどんなに動けなくなってもいつまでも自分らしく生きたいという気持ちを大切にしたいと考えております。
現実的には人手不足が深刻な介護施設などで、機能訓練などのカリキュラムが充実していても、思いは置き去りという状況になってはいないでしょうか。気が付けばただ施設のスケジュールに沿って過ごされておられる方も少なくないと思います。
このテキストをすれば必ず自分らしく生きることができますと確約するものではありません。しかし、過去の自分を振り返り、未来を考えながらいろいろな「気づき」がご利用者様に起こります。一人一人が主役になれるそんな脳トレのテキストです。

「わたしのつれづれ日記」による効果

コミュニケーションの和を広げる

施設のレクレーションとして

脳の活性化

最新情報

「わたしのつれづれ日記」に関するお問い合わせ

​電話 096-370-0771    FAX 096-370-0348

​〒860-0834   熊本県熊本市南区江越2-7-5

© 2018 TSUREDURE DIARY ALL RIGHTS RESERVED.