社会福祉協議会・

サロン関係者様へ

テキストの中身について

もっと会話(交流)が生まれる

会話を誘発するお題が月に20題用意されています。

​このお題を使っていくことでお年寄りが集まる場でいろんな会話を引き出すことができます。

例えばこんなお題

​・子どものころ学校から帰ってまず最初に何をした?

・もし1億円当たったら何をしたいですか?

・あなたが生まれたばかりのことをお父さんお母さん

から聞かれたことはありますか?

テキストのもたらす効果

地域づくりのお手伝い

私たちのテキストに記載しているお題に添って会話を始めることで、相手をより深く知ることになり、お互いを共感できるようになります。

日常会話で話題に出そうで出ないテーマを聞いていますので、使うごとに地域の方々の結びつきを強める作用があります。自分の価値観や思いを地域の方々が理解していくことになりますので、「地域づくり」のお手伝いをいたします。

サンプル集

​地域の皆さんと一緒にゲラゲラ笑って楽しんで脳トレをしませんか?笑顔が一番の認知症の予防になりますよ。

こんな方におすすめ

・地域サロンやら老人会の集まりのネタに困ってるのよね。手軽に何か盛り上がれるのはないかな?

​・家にひきこもってるお年寄りを地域に出でもらいたい。家に一人でいるとだんだん弱るばっかり

・地域の人が交流できるコミュ二ティスペースを作ったけど交流がうまくいかないのよね。

・地域サロンをもっと応援していきたい。体操ばっかりなので何か「なごむ」ツールはないかな?

「わたしのつれづれ日記」に関するお問い合わせ

​電話 096-370-0771    FAX 096-370-0348

​〒860-0834   熊本県熊本市南区江越2-7-5

© 2018 TSUREDURE DIARY ALL RIGHTS RESERVED.