施設管理者様へ

導入のメリット

・日々のレクレーションの一つとして

・新人職員の会話の質の向上

・職員さんの負担を軽減

​・ご利用者様とのコミュニケーションの和を広げる

日々のレクレーションの一つとして

わたしのつれづれ日記ならではの特徴は単なる脳トレではなく心に訴えかけるテキストです。

このテキストは使用後に残したいと思えるテキストですのでご利用者様のご家族にも活動内容が報告しやすいです。

新人職員の会話の質の向上

さりげなく身の上話をしていただくことになるので、その方の好みや価値観を知ることで、普段からいろんな会話ができます。例えば一緒にお風呂介助をする際など、何か話さなきゃというシチュエーションでも、普段からこのテキストを使っていればいろんな話ができます。

職員さんの負担を軽減

レクレーションの事前準備に時間がほぼいりません。椅子と机と鉛筆があれば大丈夫です。

テキストのお題で発話していただきますのでご利用者様どうしのグループで活用可能です。

ご利用者様同士の話も広がる

テキストのお題は季節感があるものや、誰もが過ごした幼少期や青春時代、昭和や平成のお話など、ご利用者様同士の仲を深める一助にもなります。

具体的な効果

モニター活動を通してよく見られた事例は、プリントをするよりも話に夢中になって、とにかく職員さんに話を聞いてもらいたいと思う方が多いです。

様々な意味での意欲が喚起されます。表情も変わり、脳も心も活気づくことがこのテキストの特徴です。

活用された施設管理者さまの声

「わたしのつれづれ日記」に関するお問い合わせ

​電話 096-370-0771    FAX 096-370-0348

​〒860-0834   熊本県熊本市南区江越2-7-5

© 2018 TSUREDURE DIARY ALL RIGHTS RESERVED.